【ヘアカラー】知っておきたいカラーリングのアレルギー反応について




いきなりですが

『一度ヘアカラーでかぶれた方は、絶対にヘアカラーを使用してはいけません』

実はヘアカラーのかぶれは誰もがなり得る可能性があるのです このニュース

毛染めで皮膚トラブル相次ぐ 定期的なパッチテストが必要 http://news.yahoo.co.jp/pickup/6178451

ここでいうトラブルとは 1剤と2剤を使用したカラー剤の事を指し IMG_3673.JPG

ヘアマニキュアやカラートリートメント、ヘアマスカラ等はこれには入りません(安心して下さい)

かぶれの原因は

私たち自身の体質がアレルギーを起こしやすくなって いることや、洗髪のしすぎや洗浄力の高いシャンプー の志向による頭皮のバリア機能の低下によって 増えていると考えられます

かぶれの反応は2つあります 「刺激性接触皮膚炎」と 「アレルギー性接触皮膚炎」

「刺激性接触皮膚炎」・・・原因物質の接触によって皮膚の炎症が起こる。アレルギーは無関係なので、誰でも起こりえる この刺激性接触皮膚炎を起こすヘアカラーでの原因物質は、1剤に入っているアルカリと2剤に入っている過酸化水素が原因だと考えられます

「アレルギー性接触皮膚炎」・・・原因物質に触れると、皮膚の炎症細胞が感作される。またその原因物質に接触することによって、皮膚の炎症細胞が活発に働き湿疹を誘発する こちらのアレルギー性接触皮膚炎を起こす原因物質は、1剤に入っているρ-フェニレンジアミンです。通称ジアミン

こちらのアレルギー性接触皮膚炎が今回ニュースになっている原因だと思います

このアレルギ性接触皮膚炎(かぶれ)が2度とカラーリングが出来ないと言われています。中には何十年も染めてるから大丈夫なんて言われる方もいますが、いつ起こるかわからないのがかぶれです

ただ、かぶれたからといってカラーリングが出来ない訳ではありません。 ヘアマニキュアやカラートリートメント・カラースプレー・ヘアマスカラ等ありますので、相談して頂ければと思います        

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする