どうして濡れた状態でヘアカラーするのですか? 〜Q&A〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新規のお客様によく聞かれる質問です。

今回は「ヘアカラーの時に濡れた状態でカラーするのですか?」の質問にお答えします!

IMG_5822

教えてMAKI先生!!

woman-208723_1280
Aさん

濡れた状態でもカラーは染まりますか?

IMG_0166
MAKI

大丈夫です。きれいに染まります。

IMG_0166
MAKI

均一に染まるし、ダメージも抑えられますよ!

なぜ??

カラーリングの発色には水分が必要です。ダメージを受けた髪は水分量がバラバラになっています。

濡れた状態でカラーすることで、髪の中の水分量が一定になるのできれいに染まるわけです。

最近はビチョビチョにしてするのが好きです(笑)

また、濡れた状態の髪は絡みにくくなるので、ハケで髪をコーミングするときにも負担を軽減する事ができます。

カラーに限らずトリートメントをする時も髪を均一に濡らすことによって、必要なだけ成分が髪に浸透しますので、重すぎない仕上がりになります。

まだ、ヘアカラー→トリートメントの順ですか?

この機会にぜひ濡れた状態でカラーリングしてもらってください!

 

Q&Aヘアカラー
スポンサーリンク
MAKIをフォローする

ヘアカラーリングのスペシャリストとして技術は勿論のこと、薬剤の知識も豊富で、ヘアカラー剤の開発に何度も携わっています。

『ヘアカラーはライフスタイルの必需品』をモットーにサロンワークを中心に活動。カットはもちろんのこと、ヘアカラーの理論も業界でもトップクラス。注目は白髪染めのテクニック、独自の調合で明るい白髪染めも可能にします。

特に白髪染の技術は、「ダメージレスを超える、ダメージケアのヘアカラー」と評判のオリジナルの技術でファンを魅了しています。

MAKIをフォローする
makimaster.com ヘアカラーリストMAKIのカットはしません!!