グレージュ・アッシュなど髪の明るさでの見え方の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

恵比寿の美容室ビリードエビス、白髪染めマスターのMAKIです。白髪って白髪染めを使わなくてもキレイに明るく染まるんですよ!!

ヘアカラーの仕上がりでイメージと違ったりすることないですか?

思ってたより暗かったり、明るかったり、、、と。

そこで人気のグレージュで明るさの目安を作ってみました。

 

こちらはナチュラルな黒髪

日本人は大体この明るさになります。カラースケールでは4Lvぐらいです。

 

グレージュ6Lv。

ほんのり明るくみえます。この明るさだと色味もあまり感じられませんね。

 

グレージュ8Lv。

明るさも程よく、色味もしっかり感じられる明るさです。ヘアカラーが厳しい会社でも派手に見えない仕上がりになります。

 

グレージュ10Lv。

明るさもあり、透明感が出てきます。色味もより赤味を抑えた仕上がりになります。

 

人気のグレージュですが、紹介したカラーはあくまでも黒髪からヘアカラーした状態での仕上がりです。一度明るくしてからヘアカラーをした場合や、明るい状態から暗めにヘアカラーをする場合では色味の仕上がりは違います。もちろん明るくした状態からヘアカラーをした方がキレイな色味が出ますよ。

 

髪の状態を相談して仕上がりの明るさをしっかり決めていきましょう!

ご予約はこちらから
ご予約はこちらから
ヘアカラー
スポンサーリンク
MAKIをフォローする
MAKI

ヘアカラーリングのスペシャリストとして技術は勿論のこと、薬剤の知識も豊富で、ヘアカラー剤の開発に何度も携わっています。

『ヘアカラーはライフスタイルの必需品』をモットーにサロンワークを中心に活動。カットはもちろんのこと、ヘアカラーの理論も業界でもトップクラス。注目は白髪染めのテクニック、独自の調合で明るい白髪染めも可能にします。

特に白髪染の技術は、「ダメージレスを超える、ダメージケアのヘアカラー」と評判のオリジナルの技術でファンを魅了しています。

MAKIをフォローする
makimaster.com ヘアカラーリストMAKIのカットはしません!!