スポンサーリンク

白髪染め?おしゃれ染め?どっちにすべき?

スポンサーリンク

恵比寿の美容室ビリードエビス、ヘアカラーマスターのMAKIです。
実は白髪染めは得意なんです!白髪って白髪染めを使わなくてもキレイに明るく染まるんですよ!!

最近、「白髪染め(グレイカラー)なのか、おしゃれ染め(カラーリング)かでお悩みます」
という質問を多く受けます。

女性の天敵と言っても過言ではない白髪。でもポチポチと出てくると考えるないといけないのがこの問題ですね。どっちなんだろうって思いますよね?

答えは、白髪染め(グレイカラー)でもおしゃれ染め(カラーリング)でもどちらでも白髪は染まります。どちらでも可能なんです。

Beleadでは、白髪染めの薬剤をほぼ使用していません。白髪染めを使わない白髪染めを提案させて頂いています。

なぜなら、白髪染めの薬剤を使用した場合、「色味が濃くてちょっとイメージより暗かったとか、白髪が延びてき  た時にはっきり分かれるのが気になる」という悩みを解決するために白髪染めの薬剤を使わない白髪染めを提案させて頂いています。

↑実際にカラーリングだけで白髪染めをした仕上がりになります!

また、決して白髪染めの薬を使わないわけではありません。

例えば、染まり重視の方には白髪染め(グレイカラー)・明るさ重視の白髪染めの方にはカラーリングという風にしています。

それぞれ特徴がありますので仕上がりに合わせてご相談してみてください。

ちなみに私は白髪は染めるが仕上がりのイメージに合わせて使い分けていますよ!仕上がりをこうしたいなどのイメージを伝えていただければ、それに合わせたヘアカラーを提案させて頂きます。

白髪染めだからと言って残念がらないでくださいね。今は白髪もオシャレに染めることができる時代なので、白髪染めも楽しみましょう!

ご予約はコチラ↓

公式LINE@でのご質問は @maki3 を検索→友達追加をしてください

ヘアカラー白髪染め
スポンサーリンク
MAKI

ヘアカラーリングのスペシャリストとして技術は勿論のこと、薬剤の知識も豊富で、ヘアカラー剤の開発に何度も携わっています。

『ヘアカラーはライフスタイルの必需品』をモットーにサロンワークを中心に活動。カットはもちろんのこと、ヘアカラーの理論も業界でもトップクラス。注目は白髪染めのテクニック、独自の調合で明るい白髪染めも可能にします。

特に白髪染の技術は、「ダメージレスを超える、ダメージケアのヘアカラー」と評判のオリジナルの技術でファンを魅了しています。

MAKIをフォローする
makimaster.com ヘアカラーリストMAKIのカットはしません!!