スポンサーリンク

ヘアカラーにハイライト(バレイヤージュ)は必要?

スポンサーリンク

恵比寿の美容室ビリードエビス、ヘアカラーマスターのMAKIです。
ヘアカラーは白髪染めが得意なんです(笑)
「白髪って白髪染めを使わなくてもキレイに明るく染まるんですよ」そんな白髪染めが得意です!

最近人気のハイライトやバレイヤージュ。

ヘアスタイルに動きや立体感を出したり、おしゃれヘアにはマストなアイテムとなっています。

そこでハイライトやバレーやージュの特徴を説明しましょう!

ヘアカラーを明るくしたい。けど全体を明るくはできない場合は、ハイライトがオススメです!

数本の髪の束を取ってから、その部分を明るく染めるのがハイライトなのですが、明るく染めている部分は髪全体の30%ぐらいになります。

バレイヤージュは髪の束を取って、毛先にむかって明るく染めます。ハイライトと比べると明るく染めている部分が多いのでより明るく見えます。

特にハイライトもバレイヤージュも赤味を消したいヘアカラーを希望する場合は相性バッチリのカラーリングです(赤味を消すカラーリングは明るさが必要ですが、部分的に明るくして赤味を抑えたようにするからです)

そしてハイライトやバレイヤージュを入れたヘアカラーは、2つの色の反射で髪が柔らかく見えます。

そして、ハイライトやバレイヤージュで明るく見せたカラーリングは髪全体を明るくした時と比べると、褪色してきた時に明るすぎる(黄色すぎる)事がないのもオススメです。

白髪染めにもモチロン対応していますよ!

以上の理由からハイライトやバレイヤージュはヘアカラーに必要ですね。ぜひハイライトやバレイヤージュにトライしてみてくださいね。

ご予約はコチラ↓

公式LINE@でのご質問は @maki3 を検索→友達追加をしてください

ハイ・ローライトヘアカラー
スポンサーリンク
MAKI

ヘアカラーリングのスペシャリストとして技術は勿論のこと、薬剤の知識も豊富で、ヘアカラー剤の開発に何度も携わっています。

『ヘアカラーはライフスタイルの必需品』をモットーにサロンワークを中心に活動。カットはもちろんのこと、ヘアカラーの理論も業界でもトップクラス。注目は白髪染めのテクニック、独自の調合で明るい白髪染めも可能にします。

特に白髪染の技術は、「ダメージレスを超える、ダメージケアのヘアカラー」と評判のオリジナルの技術でファンを魅了しています。

MAKIをフォローする
makimaster.com ヘアカラーリストMAKIのカットはしません!!